《 技術力皆無の当方が素人整備をやってみました 》


 2019年3月20日(水)先日、DOT5の当方車両にDOT4が入れられたと言う事を知りました。 本来ならマスター及びブレーキまわり全部洗浄後、DOT5に戻さなければいけないのは分かっているが なにぶん素人と言うのと、そこまで時間をかける事が難しいので、いいかげんなやっつけ仕事を しました。全部DOT4を抜き取り、DOT5を少し入れてはポンピングして全部抜く作業、出てくる出てくる混ざることの 無い物質が・・・とりあえず前後ブレーキをその作業しました。家に箱買いのDOT5がありましたので 惜しげもなく5本使ってやりました。完全には抜け切れて無い模様ですがまあ数%DOT4がしがみ付いている様子です。 今後、何回も早めの交換。次回車検時オーバーホール依頼するかも?
 DOT4を入れられた原因は、これだと思います。以前この部品が壊れて新品を注文しました。 それに交換して乗っていたのですが、今回その蓋を見るとDOT4の明記、2006年以降用の新品部品だった ようです。形も大きさも全て同じ物、そんなの知らんから・・・今日ガレージを探したら以前の蓋と新品のゴム部品があったので 付け替えておきました。これにはDOT5の記載がされています。
 そして家にパーツクリーナーが無かったので試運転を兼ねて近くのロイヤルプロへ行きパーツクリーナーを購入。 ブレーキの調子は抜群でした。 ブレーキまわりとこぼれたフルードを洗い流しました。とことが、ところが・・・・ 事故起こすところだった。ブレーキが全く効かない。。。(怖)このパーツクリーナー潤滑剤みたいなのが 入っている???とりあえずブレーキ踏みながら走って乾かして、だんだんブレーキが効いてきた。ロイヤルプロから 約2Kmにあるコーナンへ行きよーく見てパーツクリーナーを購入。そこで1本使って、前後ブレーキ 洗い流しました。それからブレーキが効くようになったので家は帰り、ガレージでまたパーツクリーナーで 洗い流ししました。そして数時間たってまた洗い流しました。これでなんとかOK。ロイヤルプロの パーツクリーナーたまらんかった。※画像はコーナン駐車場で撮影したのでコーナンのパーツクリーナーも写っています。

 2019年4月9日(火)今日はリアブレーキのブリーダー スクリューの交換とまたブレーキフルード交換、エアー抜きをしました。 2010年4月にラッセル スピードブリーダー1/4-28 を購入して今日取り付けました。優れもので逆流防止弁付きなので一人で エアー抜きするのが楽にできると言う事を現在忘れていたのでエアー抜きは手間を掛けてやっていた。(上画像) 赤矢印の部分がなめてきてやばくなってきたので今回も逆流防止弁付きのタイプを購入した。 今回のは、ネオファクトリーで販売していたGTS 1/4-28スピードブリーダー ブラックを予備含めて4個購入した。 フロントブレーキはまだ大丈夫なのでリアのみ交換しました。エアー抜きもその大きさに合ったチューブを入れてあとは ぐいぐい踏みつけるだけ。実に楽であるのと今までチューブが外れたり鬱陶しい事が多かったが簡単確実そして早い。 言う事無し。